メルカリ、ヤフオクの発送に最適なダンボールのカシコイ選び方

メルカリ、ヤフオクなどのオークションを利用する人はけっこう多いですよね。

断捨離ブームもあって不要なモノを出品することも当たり前になってきました。

でも、出品して運良く落札されても、発送するときに絶対に必要なものはダンボール。 自分の周りに転がっていることもあるけれど、送るものにフィットするものって意外と少ないですよね。

かくいう私もいろいろ出品してみたものの、いざ発送という段階になって梱包するダンボールを用意していなくて困ったことがあります。

同じ失敗は繰り返さないとオークションに使うダンボールについていろいろと勉強してみてわかったカシコイ選び方をご紹介します。

使ってよいダンボール、良くないダンボールとは?

発送に使うダンボールにはそもそもルールや決まりがありません。

梱包については送る個人がそれぞれ勝手に決めていいことになっています。

なので、発送専用のダンボールや、郵便局で売っているダンボールをわざわざ使う必要はありません。

自分でスーパーなどからダンボールをもらってきて梱包資材にすることもできます。

しかしこれに頼っているとデメリットもあります。

大きなものを送るにはスーパーのダンボールでもかまいませんが、小さなものだと自分で切り取って 自分で箱を作る必要があります。

小さなものなのに大きな箱で送ると送料もかかりますし、自分で組み立てるのも かなり面倒くさいことになるのではと思います。

また、ダンボールの品質自体が悪くて発送時には問題なかったものの、送っている途中で脆くなってしまって 商品をダメにするケースもしばしばあります。

さらに商品の買い手の印象が悪くなるということもあります。

やはりきちんとした梱包だと 買い手の方も安心しますよね。特にオークションの場合は評価欄で梱包が良くなかった。。 なんて無用な評価をつけられる場合もあります。

個人的には以上のデメリットがあることから、ある程度値段のついたモノを送るときには専用のダンボールを利用するようにしましょう。

価格が安いものやどうしても無料でダンボールを調達する場合はなるべく汚れておらず、大きすぎず、綺麗なものを選ぶように心がけています。

例えば生鮮食品の入っていたダンボールは非常にリスクが高いです。

汚れが比較的少ないお菓子とか袋モノが入っていたダンボールを選びましょう。

購入する場合のダンボールの種類は?

では、たくさんものを出品する時や送るときに購入者に安心されるダンボールとはどんなものでしょうか?

実はダンボールには単なる四角形のものではなく、梱包するものにジャストフィットした種類がたくさんあります。

送るものにできるだけフィットしたほうが発送において安全性が高まりますし、衝撃緩和材を入れる必要もなく、大きさがコンパクトになるので値段が安くなる場合もありますよ!

宅配便用ダンボール

クロネコヤマトの宅急便や郵便局のユウパックなどに使われる定型サイズのダンボールです。 60サイズ・80サイズ・100サイズ・120サイズといった決まったサイズがあり、この大きさによって送料が決まります。 オークション以外でも普通の生活もよくお目にかかるダンボールですね。

メール便用ダンボール

小さな物の発送で本人の確認が必要ない場合は送料が安いメール便を利用することがよくあります。そのメール便専用の ダンボールです。ちょうど封筒のようなサイズで厚紙のような素材でできています。

片ダンボール封筒

主に本や書籍などを送るために使われます。思ったより厚めにできているので、潰れてしまうことはありません。 冊子小包としてもそのまま使えるように開口がある形状をしています。

精密機器用ダンボール

AV機器やパソコンなど特に衝撃に弱い品物を送るときにはこちらを使いましょう。まず商品をビニールのような フィルムクッションで包んで、外側をフレームタイプのダンボールで固定。それを丈夫なダンボール箱に入れるという構造になっています。

ゴルフクラブ用ダンボール

ゴルフクラブと名がついていますが、釣竿やポスターなど長いものを送るときに最適なダンボールです。 紙筒型とは違い、きちんと四角形になって上部がフタになって開けやすくなっています。本数もある程度はいるようになっています。

ポスター・カレンダー用ダンボール

折ることができないポスターやカレンダーなど紙製品を送るためのダンボールです。 厚紙風のケースに商品を丸めて収納します。

ダンボールはどんなところで買ったらお得?

発送用のダンボールは、いろいろなところで売られていますがいったいどこで買えばいいのでしょうか?

売っている場所と、それぞれのケースのメリット、デメリットについて書きました。

郵便局や宅配業者で買う

専用の定型サイズのものが売っていますね。ただし価格は高めですのであまりおすすめできません。 よほど急いでいるか、ものぐさな人にはおすすめです。

また小さなサイズや特殊な商品を送る場合は形にあった ダンボールがないかもしれないので注意しましょう。

ホームセンターで買う

定型サイズ以外にも多くの細やかなサイズがあり、ある程度送る商品にあったダンボールを選ぶことができるでしょう。 一点から変えますが小売価格になるので値段は少々高めです。個人出品で、それほど頻繁にオークションを利用しない人にはおすすめです。

インターネットのダンボール販売サイトで買う。

比較的多くの数を出品される際は絶対におすすめします。細かなサイズが幅広く取り揃えている上、 場合によっては希望のサイズをオーダーメイドでつくってくれたりもします。

ダンボール販売サイトはだいたい製造業者や問屋が運営している事が多いので、価格も小売価格より安くなっています。

ちょっとしたお店などを運営している場合はオリジナルのロゴを入れるなど箱面に印刷してくれるところもありますので 発送や梱包に気を使われる方に特に重宝されているそうです。

コメントを残す